モテる男のLINEテクニックを解説!女性に好かれるLINEの上手い返し方や頻度、実例も紹介!

LINE-technic-eyecatch LINEテクニック

モテる男性とモテない男性の違いがはっきりと現れるLINE。
上手い返し方や送る頻度、どんな内容を送れば効果的なのかわからないと返信に迷う。
いつもすぐにやり取りが途切れてしまうと悩んでいる男性は多いのではないでしょうか。

実は、モテる男性のLINEにはある共通の特徴があります。
テクニックさえ身につけてしまえばLINEを通じて女性の心を揺さぶることができるようになります。

本記事では、NGなLINEの特徴やモテる男性が必ず使っているLINEテクニック、実際に使えるLINEトーク実例集を紹介していきます!
ぜひLINEテクニックをマスターして明日から実際に活用してみてください。

この記事でわかること・絶対にやってはいけないLINEの特徴
・女性との距離感の見極め方
・モテる男のLINEテクニック
・明日から活用できるLINE実例
  1. LINEだけではモテる男にはなれないが、上手く使えば自分を好きにさせることもできる
  2. LINEの上手い返し方が出来る男性とできない男性の違い
    1. ①基本は聞き上手
    2. ②共感上手
    3. ③褒め上手
  3. モテる男は相手との関係によってLINEの返信を変える
    1. モテる男のLINEステップ①ほぼ他人状態
      1. 【補足】LINEを送る頻度は?
    2. モテる男のLINEステップ②雑談ぐらいはできる仲
    3. モテる男のLINEステップ③女性がこちらに興味を持っている
      1. 【補足】関係性を間違えた人間の末路
  4. LINE上での女性との関係性の見極め方
    1. こちらから話題を振っているときは要注意!
  5. LINEを送るときの注意点【チェックリスト】
    1. 【NG①】女子受けの悪いLINEアイコンにしている
    2. 【NG②】冷たいと思われるような文章を送る
    3. 【NG③】女性とテンションがズレている
    4. 【NG④】会話の主語が常に「自分」
    5. 【NG⑤】長文のLINE
    6. 【NG⑥】質問攻めで重く感じさせる
    7. 【NG⑦】返信スピードが速すぎる
    8. 【NG⑧】相手からの返信を待てない
    9. 【NG⑨】女性が返しにくいLINEを送っている
    10. 【NG⑩】女性が返信できないタイミングでのLINEが多い
  6. モテる男のLINEの特徴
    1. LINEをする目的が明確である
    2. 余裕がある
      1. がっつかない
      2. 下ネタは言わない
      3. LINEを返す頻度は女性よりも遅く、そして不規則に
    3. 適度にそっけない
      1. 好意を伝えすぎない
      2. 短くテンポの良いLINEを送る
      3. 絵文字はワンポイント
    4. 感情にフォーカスしている
    5. 楽しませるポジティブな会話
    6. 付き合った時を想像させるまめさ
    7. 返信しやすい短めの文章
    8. 相手への興味を見せる相槌
    9. LINEのアイコンが他撮りや似顔絵
  7. モテる男の10のLINEテクニック
    1. ①連投はしない
    2. ②相手の女性に疑問形でLINEをしない
    3. ③LINEでの長文はNG
    4. ④女性のペースや配分を察知する
    5. ⑤LINEで話が続いた場合でも自分からLINEをやめる
    6. ⑥普通にしているのが1番
    7. ⑦モテる男は真面目を売りにしていない
    8. ⑧普段から生活に気を付けている
    9. ⑨便利と思わせない
    10. ⑩モテる男ほど、LINEでは捕まりにくい
  8. モテる男のLINEの上手い返し方を伝授【例文あり】
    1. 自己開示
    2. フォローアップクエスチョン+5W1H
    3. レッテル貼り
    4. レッテル貼りの例1
    5. レッテル貼りの例2
    6. レッテル貼りの例3
    7. レッテル貼りの例4
    8. マッチング
      1. クローズドクエスチョン
      2. イエスセット
    9. 自己重要感を満たす
  9. モテる男のLINEコミュニケーション術
    1. モテる男のLINEコミュニケーション術①よく聞く
      1. 相づち実験の内容
    2. モテる男のLINEコミュニケーション術②よく理解をする
    3. モテる男のLINEコミュニケーション術③具体的に共感する
      1. 【補足】ただし、聞けばいいってもんじゃない
  10. 雑談力を身に付けてLINEを盛り上げる
    1. 雑談LINEのポイント①話に意味を求めない
    2. 雑談LINEのポイント②答えや意見を言う必要はない
    3. 雑談LINEのポイント③どんどん話を展開させる
  11. 質問するときのポイント
    1. 質問する前に相手の言葉を繰り返す
    2. YES・NOで答えらない質問をする
    3. 質問を組み立てる時は5W1Hを意識する
    4. 女性をドキッとさせるLINEテクニック① 相手の内面を褒める
    5. 女性をドキッとさせるLINEテクニック② ポジティブな意味のネットスラングを使う
  12. おすすめの話題
    1. おすすめの話題① 趣味の話
    2. おすすめの話題② 食べ物の話
    3. おすすめの話題③ 興味があること
  13. 女性がLINEでうまい!と感じたLINEメッセージ9選
      1. 「じゃあ、一緒に●●しようよ!」
      2. 「診断結果では付き合ったほうがいいみたい」
      3. 「シーとランドどっちに行きたい?」
      4. 「今度おごるからあわない?」
      5. 「時間は気にしなくていい・・可愛くしておいで」
      6. 「自分の事を決めれない人は好きじゃない。」
      7. 「俺はお前と行くならどこでもええよ。」
      8. 「さっきのは俺は本気だよ!」
      9. 「お前もかわいいでしょ!」
  14. あなたがうまいと思われるLINEを送れるようになる方法
  15.  LINEの上手い返信が思いつかないときは……

LINEだけではモテる男にはなれないが、上手く使えば自分を好きにさせることもできる

line-love
大前提として、LINEだけではモテる男にはなれません。
女性との関係性ができた上でLINEを活用するからこそモテる男に近づくことができます。
さらに言えば、女性の心を揺さぶり自分のことを好きにさせることができるのです。

LINEを有効活用するには、まず「女性との関係性を作る」ことが必須になります。
まだ女性との関係性を作れていない場合は「女性を魅了し続ける 最高の恋愛の教科書」をご覧ください。

女性は男性と違ってLINE相手がたくさんいます。
モテる女性であれば、女友達はもちろん様々な男性から毎日のようにLINEが来ています。
気がない人であればうざいLINEが来た瞬間、秒で即ブロックということにもなりかねません。
関係性ができていない内は、どれだけLINEを送っても逆効果となる場合が多いのでメッセージ送信は控えめにしておくことが無難です。

関係性がない状態から彼女のお気に入り男性になっていくためには相当の努力が必要になります。
しかし、焦らずじっくりと関係を作っていけばドラマのようなすばらしい恋に発展させる事もできます。
関係性を作った上でうまくLINEを活用していきましょう。

LINEの上手い返し方が出来る男性とできない男性の違い

LINEの上手い返しが出来る男性とできない男性の最大の違いは
「聞く→共感する→褒める」の流れを意識したトークができているかどうかです。
まずは、この3点を意識してLINEを活用していきましょう。

LINEの上手い返し方が出来る男性の特徴①基本は聞き上手
②共感上手
③褒め上手

①基本は聞き上手

モテる男は基本的に聞き上手です。
聞き上手になるためのポイントは、相手に質問を投げかけ相槌を打つことです。
例えば、LINEを返信する際に「そうなんだ」「うん」など相槌から始めてみましょう。
女性に「この男性は親身になって話を聞いてくれる」という印象を持たせ信頼関係を構築することが重要です。

②共感上手

女性は共感されるとその人を味方のように感じる傾向があります。
ですから女性と距離を詰めたいなら女性の言葉に共感することが大切です。
LINEでの会話は女性の話を7~8割程度にすることを意識しましょう。

③褒め上手

難しいテクニックではありますが、モテる男は自然に褒めることができます。
女性はちょっとしたことでも褒めてあげることで、「私の事をこの人は見てくれているんだ」という信頼を自分から構築し始めます。
褒める際のコツとして有効なのは、普段は注目されないであろう仕事ぶりや内面です。
外見を褒めるとしても、その人の顔やスタイルではなく服のセンスなど褒めるようにしましょう。

上記3つの事は、自分に自信が無いとできないことであり、LINEのやり取りでも決して相手に媚びているわけでもありません。
この3つの会話の流れを意識することがモテる男への第一歩になります。

モテる男は相手との関係によってLINEの返信を変える

女性とLINEをするときはずっと同じ調子でラインをするのではなく、相手と自分の関係によって内容を柔軟に変えていく必要があります。
具体的には、以下の3つの関係によってLINEの内容を変えてください。

親密度3ステップ・ほぼ他人状態
・雑談ぐらいはできる仲
・女性がこちらに興味を持っている

ここの関係性を間違えると、一瞬にして女性からの返信が来なくなります。
今の自分はどの段階にいるかを慎重に判断して、既読無視されないようにしましょう。

モテる男のLINEステップ①ほぼ他人状態

女性と出会ったばかりの頃やまだ仲良くなれてない場合は、ほぼ他人のような状態です。
「一言二言話しただけ」「月に1回くらい話す程度」のような状態がここに当てはまります。

この段階では、どうやって女性を惚れさせるかではなく、いかに連絡を続けるかが重要です。
なぜなら、この時点で女性を落とそうとしても99%ムリだからです。
女性に「この人は私に害を与えるような男ではない」とわかってもらうことに注力しましょう。

ほぼ他人状態のときには「女性が返信する必要性を感じるトーク」を意識して送るべきです。
「雑談」ではなく、「用件のある会話」です。

簡単な例を紹介します。
女性との関係にもよりますが、職場の同僚であれば、

こんな感じの会話が良いです。
ただし、女性との関係があまりにも薄いと「なんで私に聞くんだよ」と思われてしまいます。

用件のある会話が難しい場合には、下記のようにその女性にしか答えられないことを聞くようにしましょう。

女性が自分と違う職種で働く人であればこんな感じです。
「金融の事務職ってだいたい何時ぐらいに帰れる??今、友達が事務職に転職しようとしてるらしくてさ」

※ちなみに、このように友達のために何かを調べている姿は女性から好印象を持たれます。
学生であれば課題について話したり、別の学部なら「そっちの学部って~」といった質問をすることでLINEをする口実を作ります。

ここで大切なことは、
「下心があってLINEしているのではなく、用件があるからLINEをしてるんですよ」
という空気を女性に感じ取ってもらうことです。

まだ女性と仲良くなれていない段階では、この方法を活用して警戒心を少しずつ解いていきましょう。
すると、徐々に雑談ぐらいはできる仲になることができます。

【補足】LINEを送る頻度は?

この状況では女性との仲が親密でないことを想定しています。
よって、1〜2日に1通を目安にトークの頻度は少なめにしましょう。

聞かれたことをたまに答えるだけであれば、そこまで相手の負担になりません。
ですが、連絡がしつこいと「あれこれ聞いてくるうっとうしいヤツ」という印象になります。

何度も言うように、ここで重要なのは「この人は私に害を与えるような男ではない」と思ってもらうことです。
LINEを送りたい気持ちはわかりますが、女性の警戒心を解くことを最優先にしていきましょう。

モテる男のLINEステップ②雑談ぐらいはできる仲

女性と打ち解けていくと、雑談くらいはできる状態になっていきます。
この段階で大事なのは、居心地の良い会話(LINE)をすることです。

最終的には、女性からどんどん話題を振ってくる状態を作ることが理想です。
自分から話さなくても女性がどんどん話題を出してきて、会話が続く状況を目指していきましょう。

モテる男のLINEステップ③女性がこちらに興味を持っている

雑談ができて女性から話を振ってくるようになったら、遂にデートに誘う時です。
「そんなに簡単にデートできるの?」と思うかもしれませんが、雑談ができるくらい関係性ができていれば女性はデートに来てくれます。
雑談が続けば、「この人となら2人で会ってもいいかもな」と思ってもらえるからです。

・確実にデートの誘いをOKしてもらうテクニック
・デート後に「また一緒に遊びたいな」と思ってもらうためのデート術
・告白を100%成功させる方法
などは「女性を魅了し続ける 最高の恋愛の教科書」で解説していますのでぜひ参考にしてください。

雑談LINEをするときのポイントは、早めにデートに誘うことです。
早めに誘わないとLINEをしているうちに女性の感情が冷めてしまいます。

いつまで経ってもダラダラと雑談を続ける男性が多いのですが、既読無視される確率が上がるので絶対にやめましょう。
雑談をできる仲になったのであれば、LINEだけではなく直接会ってより親密な関係を作るフェーズに移りましょう。

【補足】関係性を間違えた人間の末路

女性から既読スルーやブロックされてしまう男性は、3つの中で自分がどの段階にいるかを勘違いしていることが最大の原因です。
本当は「ほぼ他人状態」なのに「女性がこちらに興味を持っている」と距離感を間違えてしまっているわけです。
勘違い状態でLINEを送ってしまうから、女性から返信が来ず、1人頭を抱えることになってしまいます。

また、段階を間違えてLINEを送るとストーカーだと思われてしまうこともあります。
そうなったら女性とLINEどころかヘタしたら警察沙汰です。
そうならないためにも、常に今の自分はどの段階にいるのか見極める技術を身につけましょう。

とは言っても、自分を客観的に見るのは訓練しないと難しく、これまでやってこなかった人がいきなりやろうとしてできることではありません。

次章で、自分と女性の関係性を見極めて、正確な状況判断ができる方法を解説します。
イタい勘違いをして女性から既読無視されないためにも、ぜひじっくり読んでみてください。

LINE上での女性との関係性の見極め方

line-love2
女性との関係性を把握するのに大事なのが「相手から話題を振ってくるかどうか?」です。
話題を振ってくる女性の心理は大きく分けて以下の3つです。

・あなたのプライベートを知りたい
・あなたの意見を知りたい
・あなたと会話を続けたい

この3つの気持ちがあって、関係が「ほぼ他人」なんてことはあり得ません。
女性との関係を見極めるときは、相手が話題を振ってきているかを基準にチェックしてください。
※LINEの頻度や文章の長さなど、他にも見極めるためのサインはいろいろありますが、「相手から話題を振ってくるかどうか」が最も確実に見極められるポイントです。

こちらから話題を振っているときは要注意!

さて、カンの良い人なら気付いたと思いますが、実は自分から話題を振っているときは要注意です。
こちらが話題を振っている割合が多いときは、以下の状況が考えられます。

・あなたから連絡が来なくても困らない
・毎回あなたが話題を振ってきて、ちょっとしんどい
・返事をすることが負担になっている

こんな状態では良い関係性は構築できません。
常にあなたから女性に話題を振っているときは危険信号が出ていると思ってください。

では、一体どうすれば女性から話題を振ってくるようになるのか?
答えを言うと、女性から話題を振ってくる状態を作るにはモテる男のLINEコミュニケーション術を身に付けることです。
このコミュニケーション術を使えば、何をせずとも女性からどんどん話題を振ってくるようになります。

以下の章からは
・絶対にやってはいけないLINEの特徴【チェックリスト】
・モテる男のLINEテクニック
・明日から活用できるLINE実例
について、より具体的な部分に踏み込んで解説していきます。
今まで何となくの感覚でLINEを送っていた人は、ぜひメモ帳にでも貼り付けて明日から実際に使ってみてください。

LINEを送るときの注意点【チェックリスト】

line-checklist
まずはじめに、絶対にやってはいけないLINEの特徴をご紹介します。

LINEで女性と距離を縮められない。好きになってもらえない。
そうお悩みの男性に認識していただきたいのは「LINEでモテない=返信するのがめんどくさいと思われている」ということです。

次に紹介するような、返信をする気をなくしてしまうLINEを送ったことがあるかも。と思い当たる節がある男性は要注意です。
今後は同じ過ちを繰り返さないようしっかりとメモ帳に貼り付けておいてください。

絶対にやってはいけないLINEの特徴10選・【NG①】女子受けの悪いLINEアイコンにしている
・【NG②】冷たいと思われるような文章を送る
・【NG③】女性とテンションがズレている
・【NG④】会話の主語が常に「自分」
・【NG⑤】長文のLINE
・【NG⑥】質問攻めで重く感じさせる
・【NG⑦】返信スピードが速すぎる
・【NG⑧】相手からの返信を待てない
・【NG⑨】女性が返しにくいLINEを送っている
・【NG⑩】女性が返信できないタイミングでのLINEが多い

【NG①】女子受けの悪いLINEアイコンにしている

LINEのアイコンはメッセージがくるたびに目に入るものです。
自分で撮ったばっちりキメた写真をアイコンにしているとナルシストっぽいと思われしまう可能性があります。

トプ画はあなたの趣味がわかるシンプルで威圧感の少ないものがベストです。
ペットや子どもと一緒に写っている写真などは、会話のネタにもなる可能性がありますし、女性からの高感度も上がりやすいのでおすすめです。

LINEのひとことは載せる・載せないで選ぶなら、載せない方がベターです。
たったの一言でも言葉の影響は大きく、女の子に「気持ち悪い、近づきたくない」などと思われマイナスイメージになってしまうこともあります。
ひとことを載せていない男性は、SNSにあまり時間を使わず日々の実生活が充実している人なのかなと好印象に感じる女性が多いという結果もあります。

【NG②】冷たいと思われるような文章を送る

LINEは文章でのやり取りがメインです。
文章というものは自分が思っている以上に、相手に冷たい印象を与えます。
たとえば、以下のLINE画像を見てください。

これ、すごく冷たくてぶっきらぼうに感じますよね。
人によっては怒っているように感じるかもしれません。
送った文章が短文だったり装飾がないとどうしても冷たい印象を持たれてしまいます。
過剰に装飾をしたり、「!」や「(笑)」を付けまくる必要はありませんが、冷たい印象にならないようにしましょう。

【NG③】女性とテンションがズレている

LINEを送るときは女性と違うテンションにならないようにしましょう。あくまで同じテンションで送ることが大事です。
具体的には、
「明日から沖縄なの! 一回も行ったことないからすっごく楽しみ!」
と言われたときに、
「楽しんでおいでね!」
だけだとテンションが低すぎます。何よりLINEが短すぎます。これでは”そっけない”印象を与えてしまいます。
そうではなくて、
「いいなあ、楽しそう! 楽しんできてね!」
くらいの返しがベストです。
文章は最低相手の半分ぐらいの長さ。それより少し長いぐらいを意識してください。
ちなみに、この長さは「相手よりしゃべりすぎず、なおかつそっけないと思われない長さ」となっています。
とはいえ、絶対にこの長さにした方がいいわけではなく、平均的にこれぐらいの長さにすればOKという意味です。
ときには短い相づちをしてもいいし、少し長めの文章で共感してあげてもいいです。
この辺は臨機応変に対応してください。

【NG④】会話の主語が常に「自分」

その日あった出来事や自慢話、愚痴など、自分のことばかり話すのはNGです。
最初は女性も楽しんでくれますが、次第に返信は遅くなるでしょう。
なぜなら、どんな内容の返事をすべきかわからないし、同じ分量で返さなければならないのかと負担に感じてしまうためです。

【NG⑤】長文のLINE

気持ちを込めた結果、情報を盛り込みすぎた結果、長文のLINEになってしまうことはあるでしょう。
でも、正直、読むのが大変ですし、関係性が深くなっていないうちは、長さに引いてしまうこともあります。
ラリー速度が落ち、返信自体がなくなる可能性もあるので、これから仲良くなる段階での長文LINEは避けたほうが無難です。
読むことさえ面倒だと思われてしまいます。
相手の時間を奪っているということを忘れずに、負担にならない程度のLINEを心がけましょう。

【NG⑥】質問攻めで重く感じさせる

気になった相手にはもっと相手のことを知りたいからと、どうしても質問攻めにしてしまうと思います。
それに加え、質問で返すと相手も返信しやすいというアドバイスも目にします。
しかし、行き過ぎた質問攻めは女性にとって負担になります。
まだ友達レベルであれば、相手のことを探るよりも楽しい会話を続けてみましょう。

【NG⑦】返信スピードが速すぎる

しつこい男性は好かれません。
女性側は同じスピードで返信しなければいけないのかと、次第に返信をするのが面倒になってしまいます。
最終的には返信期間を置きたいと思い、未読無視される可能性大。
相手の返信頻度に合わせることがベストですが、一日2~3回のやり取りが適当です。

【NG⑧】相手からの返信を待てない

同じくしつこいと思われる男性がやりがちなのは追いライン。
相手から返信が返ってくる前に立て続けにメッセージを送ってしまうことを意味します。
返事がすぐ来ないからといって返信の催促や、送信済みのLINEに内容をプラスさせることは、女性にうっとうしく思われてしまうでしょう。
付き合っているわけでも、急ぎの返事がほしい内容でもないのに未読スルー、既読スルーされると、「おーい」「返事して(笑)」と追撃LINEを送ると引かれてしまいます。
未読、既読スルーが気になる気持ちはぐっと抑えて、3日以上たってから改めて用事っぽいLINEをする方がベターです。

【NG⑨】女性が返しにくいLINEを送っている

女性が返しにくいLINEを送らないようにしましょう。
「やっほー」「こんばんは」「おはよう」など、挨拶だけのLINEは正直どう反応していいのかわからなくて、相手を混乱させます。
未読、既読スルーが気になる気持ちはぐっと抑えて、3日以上たってから改めて用事っぽいLINEをする方がベターです。
返しにくいLINEを送ると、返信するのが面倒になって既読無視の確率が上がります。

逆に返事しやすい文章を打っていれば、そのぶん返信が来やすくなります。
なので、女性が返しやすい文章を心がけてLINEを送るようにしましょう。

【NG⑩】女性が返信できないタイミングでのLINEが多い

女性が返信できないタイミングで送ると、スルーされる確率が高くなります。
代表的なもので言えば、仕事中や友達と遊んでいるタイミングです。
このようなタイミングで送っても返信は来ません。
そうして時間が経つとともに、他のLINEに埋もれてスルー・・・なんてことになります。

なので、女性が返信できるタイミングで送りましょう。
たとえば、女性がヒマで何気なくスマホを見ているタイミングとかですね。
ボーッとスマホをいじっていたら、あなたからのメッセージが届いてそのまま返信するのが理想です。

女性が返信しやすいタイミングなんてわからないんだけど…と思うかもしれませんが、そこはリサーチしましょう。
さりげなく女性がヒマしている時間帯を聞き出しておくことが重要です。

たとえば、大学生であれば月曜日は絶対にバイトが入らないから基本的には家でゆっくりしているとか。
社会人であれば、日曜の夜は家でのんびりしていることが多いとか。
そういった情報を日ごろの雑談の中で仕入れておくんです。
こうすれば、ある程度は女性が返信しやすいタイミングを掴めます。

では、どうやってリサーチをすればいいのか?
また、具体的に何を調べておけばいいのか?
これに関しては、オトメケンの無料のメール講座でプレゼントしている女子大生へのインタビュー音声で知ることができます。
「インタビュー=女性へのリサーチ」なので、音声と同じように女性に質問すれば女性がヒマな時間が丸わかりになります。
女性が返信できるタイミングを狙い撃ちして、常に即レスをもらえるようになっていきましょう。

また、どうしてもリサーチができない場合は、なるべく女性がヒマしてそうな時間帯に送るとかもアリです。
・平日の22〜24時
・日曜の22〜23時(女性がカレンダー通りの休日の場合)
・大型連休の最終日の夜(これも女性がカレンダー通りの休日の場合)
・12〜13時のお昼休憩
・台風や雪でどこにも出かけられない時
などなど。
この時間帯(状況)なら女性はヒマしてそうだなと思うタイミングで送るのもいいと思います。

モテる男のLINEの特徴

line-love3
冒頭で述べたとおり、モテる男のLINEには10この特徴があります。

モテる男のLINEの特徴10選・LINEをする目的が明確である
・余裕がある
・適度にそっけない
・感情にフォーカスしている
・短くテンポの良いLINEを送る
・楽しませるポジティブな会話
・付き合った時を想像させるまめさ
・返信しやすい短めの文章
・相手への興味を見せる相槌
・LINEのアイコンが他撮りや似顔絵

これだけではよくわからないと思うので具体的に説明していきます。

LINEをする目的が明確である

これはあんまりピンと来ない人が多いでしょう。
ですが、実はLINEをする目的が一番大事です。
LINEをなんのためにしているのか?が定まっていない人が多いんですよね。
それゆえに、他人のLINEを見せてもらうと、無駄だなーというやりとりをしている人がなんて多いことか。

結論から言ってしまいますが、LINEの目的は、会う約束を取りつけることです。
もうこれでしかないんです!!
それにも関わらず、LINEで告白してしまったり、LINEで好意を伝えすぎてしまったり、LINEで下ネタを言ってしまったり、会う前に決着をつけようとする人がほとんどなんですよね。
200人以上の美女を抱いてきた僕でさえ、LINEで女性を落とすのは非常に困難です。
だからきっとあなたがLINEで女性を落とすのは無理なんです。(言い方悪くてすみません…)
LINEの目的を会う約束を取り付けることと設定すると、やることは非常に単純です。

信頼を持ってもらうために軽くアイスブレイクする
好きな食べ物や飲み物など、デートに誘う餌となる要素を聞きだす
会う日を決めるために、日程を調整する
この3つだけです。
めちゃくちゃシンプルですよね。
こう聞くと、できそうな気がしてきません?

余裕がある

女性は余裕のある男が好きです。
女性の好きな余裕な男とは、女に困ってなさそうな男です。
モテる男がさらにモテる理由は、この余裕感が自然と滲み出てるからなんですね。

そして、こういった余裕がもっとも行動に出やすいのが、LINEなんですよ。
ゆえに、モテる男はLINEで余裕があるとわかるんですね。

逆にモテない男のLINEは、
がっついている
性欲を抑えきれず下ネタを言っちゃう
LINEの返す頻度が高い
ことが多いです。
いかにも女に困っていそうですよね?笑

こういったLINEをする男に対して女性が受ける印象は「キモい」の一択です。
こう言われると、そんなの当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、あなたも例外なくやってしまってます。断言します。

余裕のある、女に困ってなさそうなLINEをするためには、モテない男のLINEの逆をすればいいだけです。

余裕のある男に見せるためのポイント・がっつかない
・下ネタは言わない
・LINEを返す頻度は女性よりも遅く、そして規則に

ですね。

がっつかない

がっつくとは、距離感を急に縮めることです。
まだ女性が乗り気ではないのに誘ってしまったりとか、好意がない状態で自分の好意を伝えてしまったりとか、
とにかくLINEで女性をどうこうしようとするのはやめましょう。
繰り返しになりますが、LINEの目的はあくまでも会う約束を取り付けることです。

注意ポイント
NG例
〇〇ちゃんて、彼氏いるの?
〇〇ちゃん、来週空いてる?
〇〇ちゃんのことすごいいいなって思ってるんやけどどーかな?
これすべてNGです。

彼氏いるの?はプライベートな質問すぎるし、あなたが女性を狙っていることもあからさまにバレバレになってしまいます。
来週空いてる?といきなり聞くのも唐突でNG。
好きな食べ物や飲み物の話をしてから誘いのOKをもらってその後に日程を決めるのが自然な流れです。
LINEで「すごいいなと思ってる」発言は軽い男だと思われてしまう可能性が高いです。女性からしたら「私の何を知ってんの?」となりますからね。

ポイント
OK例
〇〇ちゃん結構奥手そうやな!
焼き肉好きって言ってたけど、ここどうかな?(お店のURLを添えて)
俺あまり自分からいかないけど〇〇ちゃんはなんかわからないけどいってもうたな笑

下ネタは言わない

女性が少し自分に好意を見せると、性欲を制御できずに下ネタを言ってしまう人かなり多いです。
断言しますが、下ネタを言った時点でもうアウト!ですね(笑)
これは具体例なくても分かると思うので省きます。

LINEを返す頻度は女性よりも遅く、そして不規則に

LINEを返す頻度が女性より早くなってしまうと女性に困っている感が強く出てしまいます。
女性が1時間に1回の返信ペースだとしたら、あなたは2時間に1回のペースで返すくらいがちょうどいいです。
また、あからさまに2時間に1回を守ると、そういう戦略なんだと思われて興醒めされる可能性があるので、3時間に1回とか、1時間30分に1回といった具合に不規則に返すといいです。
ただし、夜中11時〜1時の女性の感情がもっとも高ぶりやすい時間帯は、さくさく返信してもOKです。

ここで女性の感情を最高潮に持っていき、会う約束を取り付けてしまうのも手ですね。

適度にそっけない

女性は猫のような性質を持っています。
好意を見せすぎると離れていってしまうし、逆に好意を1ミリも示さなければなついてくれません。

めちゃくちゃ難しいですよね。
この距離感を身につけていくことが、LINEに限らず、すべてのモテにつながっていきます。

話がややそれましたが、LINEは適度にそっけなくするのがいいです。
ポイントは適度にです。
ただそっけなくするだけだと、心を開いてくれません。

以下の点を意識してみるといいです。
ポイント
好意を伝えすぎない
長文はNG
絵文字はワンポイント

好意を伝えすぎない

女性はミステリアスな男が好きです。
ゆえに自分のことが好きとわかってしまうと、自己重要感が満たされてしまい、急激に興味がなくなってしまうという性質を持っています。

注意ポイント
NG例
「〇〇ちゃんてめっちゃ可愛いよね。」
これやりがちですがNGです(笑)
好意を伝えすぎたことにより、自己重要感が満たされ、あなたに興味がなくなる可能性大です。

ポイント
OK例
「〇〇ちゃんてほんわかしてそうで実はちゃんと考えてるよね!」
といった感じで褒めるほうがいいです。
これはコールドリーディングという心理学を使ったテクニックですが、このあたりは別記事で説明します。
これなら適度に好意を伝えることができます。

短くテンポの良いLINEを送る

長文もダメですね。
LINEはワンメッセージが基本です。
なぜならLINEはリアルな会話と同じテンポを好む女性が多いからです。

注意ポイント
NG例
「さっき行った焼肉屋さんめっちゃうまかったわー。〇〇ちゃんて焼き肉好きだったりする?もしよければ行こーよ」
これはアウトー!ですね。なぜかというと、ひとつのLINEメッセージに詰め込みすぎて女性の「行ってみたい!」という感情を誘発できないからです。

ポイント
OK例
男「さっき行った焼肉屋さんめっちゃうまかったわー」
女「えー羨ましい!」
男「焼き肉好きなんー?」
女「好きだよー」
男「じゃー連れてくわー」
女「やったー」
男「いつがいい?」
女「今週土曜なら空いてるよ」
男「したら19時くらいに〇〇駅集合でよろしくー」
女「はーい」

こんな感じで、一文一文でキャッチボールをしていきましょう。

絵文字はワンポイント

絵文字が多すぎる男はキモいと感じる女性は多いです。
僕は基本絵文字は使わないスタイルですが、女性が絵文字を好むタイプであれば、ワンポイントで感情を伝えるために使ったりはします。
絵文字は多くても1つと覚えておきましょう。

感情にフォーカスしている

会話は感情にフォーカスをするとうまくいくよという話を【もう緊張しない】初対面の女性を会話で楽しませる方法を12個の会話例ともに解説で書きましたが、LINEも同じです。
女性は会話やLINEのやりとりをすることで、感情のキャッチボールがしたいんですね。
ただ反対に、男は会話やLINEに論理性や事実確認を求めるので、うまくいかないんです。
なので女性のメッセージから読み取れる女性の感情を読み取れるようになりましょう。

具体的には、喜怒哀楽の何を伝えたいのか?
そして、できるだけその感情に共感してあげましょう。
女性がLINEで感情を顕にしてきたら、脈がだいぶ上がってきている証拠です。

楽しませるポジティブな会話

ポジティブな人は男女問わずモテますよね。
LINEでも、お互いの趣味や好きなものについて話すようにしましょう。
自分の魅力も伝えられ、楽しいやり取りになりますよ。
日常的なLINEもポジティブな会話に!
例えば、「今日は疲れた!美味しいごはん食べて元気になるか!」のように、疲れたというネガティブイメージを残さないのがポイントです。
話していて元気をもらえる男性は好印象です。

付き合った時を想像させるまめさ

LINEの返信をまめに返す男性はモテます。
なぜなら付き合ってもまめに連絡を取ってくれる誠実な人なんだな、と女性に印象付けることができるから。

注意してほしいのは、「返信のまめさ=返信頻度が高い」ではありません。
まめで誠実であるとは、放置など駆け引きをしなかったり、女性の返信ペースに合わせてLINEをすることです。

付き合った時の状況をいかに女性に想像させ、良い印象を残すかがポイントと言えるでしょう。

返信しやすい短めの文章

長文は返事を返しにくいLINEの代表例。
モテる男性は、女性の返信のしやすさまで気遣ったメッセージを意識しています。

できるだけ短文に、しかし冷たいと思われない程度にとどめておきましょう。

短文の例
例えば、お誘い文章なら2~3択に絞ってあげると答えやすいですよ。
◎「イタリアン好きだって言ってたよね。今度のご飯、AとBのレストランどっちがいい?」

相手への興味を見せる相槌

男性も、女性が自分の好きなことに興味を持ってくれるのは嬉しいですよね。
同様に、女性の話に興味がなくても「それいいよね」、「それ気になってた!教えて!」と相槌を打ちましょう。

モテるにはその後の行動も大切
例えば女性に好きな映画を聞いたのなら、実際に見て感想を言ってみましょう。
女性は、「この人は自分を知ってくれようとしてるんだな」と感じて嬉しくなるはず。

LINEのアイコンが他撮りや似顔絵

誰かに撮ってもらった写真・通称他撮りは、自撮りよりも自然で好感度が高いです。
ちょうど良い写真がない方や自分の写真に抵抗がある方は、自分とまあまあ似ている程度の似顔絵や、顔だしなしのアイコンを作成してもらうのがおすすめです!

モテる男の10のLINEテクニック

なぜ自分のLINEには女性からの返信が来ないのだろう?と思っている方も多いのではありませんか。
それは、あなたが女性のLINEの状況を把握していないのです。
女性のLINEの状況は、男性が考えるよりも幅広く、色々なグループが構成され、さらに男性のLINEが組み込まれていると考えてください。
自分にLINEの返信が来ないのは、この難関を突破していない証拠なのです。

モテる男の10のLINEテクニック

余裕のある男に見せるためのポイント・がっつかない
①連投はしない
②相手の女性に疑問形でLINEをしない
③LINEでの長文はNG
④女性のペースや配分を察知する
⑤LINEで話が続いた場合でも自分からLINEをやめる
⑥普通にしているのが1番
⑦モテる男は真面目を売りにしていない
⑧普段から生活に気を付けている
⑨便利と思わせない
⑩モテる男ほど、LINEでは捕まりにくい

①連投はしない

先ほども紹介しましたが、女性のLINEの数はあなたが思っている以上に多いことです。
あなたがしたLINEの返信が来ないのが当たり前になります。
モテる男は、返信が来なくても待つ心の余裕があるわけです。
モテる男は、焦らずじっくりとがっつきません。返信が来た時に、返信をしていることをしているだけなのです。

②相手の女性に疑問形でLINEをしない

普通は疑問形で会話のきっかけを作るのですが、モテる男は、LINEでも疑問形での文を相手に送っていない方が多いのです。
疑問形の文は、自己満足の文になってしまうので、女性の事を全く考えていないと思ってもいいでしょう。

③LINEでの長文はNG

LINEは連絡ツールという事を忘れてはいけません。
自分の気持ちをLINEで伝えようと長文にしてしまうのはNGなのです。
自分の気持ちを女性に伝えるには、直接がベストになります。
モテる男は、自分の気持ちは直接相手にぶつけているのです。
LINEで告っても、はぁ!?キモ!ってなるだけですからね。

④女性のペースや配分を察知する

モテる男は、女性が4行で文を送ってきた場合に3行で返信したり、1時間に1回返信が来るなら、相手に合わせて自分も1時間に1回返信というスタイルをとっています。
相手の女性のベースや文章の配分を女性に合わせているのです。
そうすることで、この人私の事わかってる~となるのです。

⑤LINEで話が続いた場合でも自分からLINEをやめる

なんで!?せっかくのチャンスを!と思ってしまいますが、盛り上がっている時こそ、モテる男は沈着冷静です。
盛り上がっている話を途中で終わらせて、また続きは明日ね~なんてされたら、続きの話が気になりますよね。
TV番組でよく使う手ですが、番組が盛り上がってきている時にCMに入りますよね。それは視聴者に期待を持たせて、違う番組に移動させない手段なのです。

モテる男は、LINEでもそのような効果を狙って自らLINEを終了させているのです。
そうすることで、女性はまたLINEで話したいという期待を持って待つことになります。

⑥普通にしているのが1番

LINEでも普通に話をしているのが、モテる男の基本です。
奇抜なアイデアや話を盛るなどのようなことは一切してないで、自然体で女性と話しています。
モテない男はどうしても、気を引かなければならないと感じているので、普通の会話をしているつもりになっているだけで、実際は相手から、ウザイな~となり、最終的には未読スルーになってしまうのです。

⑦モテる男は真面目を売りにしていない

良く女性のコメントで「真面目な人が好みです」なんて見かけたりします。
しかし、この言葉はある種フェイクと思っていた方がいいです。
LINEは文字媒体ということを忘れてはいけません。

「○○さん今度デートしてくれませんか?」
「今度ご飯いきませんか?」
のフレーズの場合上の方が真面目感が漂っていますが、女性が返信するのは下のフレーズの男性なのです。
文面にすると、真面目=言葉に重さがでてしまいます。
若干フランクな方が女性も話やすく、受け止めやすいのです。

⑧普段から生活に気を付けている

モテる男は、普段の生活からしっかりとした生活を送っており、身なりや清潔感もばっちりなはずです。
それは、大人としてのマナーでもあるのですが、女性はそういうところを確実に見ているのです。
職場の女性とLINEをしていても、清潔感などがある男性の方が返信率が高くなります。

⑨便利と思わせない

女性の心理としては、自分の事に好意を抱いている男性がプレゼントをくれたり、過度に優しくしたりすると、「こいつはかなり便利な男」と理解して決して恋愛関係に発展しません。
モテる男は、その辺りを自然と身に着けているので、女性に対して媚びたりはしないのです。
それに、女性は自分と対等又はそれ以上の男しか恋愛対象にしかとらえません。

⑩モテる男ほど、LINEでは捕まりにくい

モテる男ほど、基本的にLINEを気にして生活をしているわけではありません。
休日は自分の趣味に没頭してLINEが来ていることすらわからないというような感じが女性的には安心できるのです。
ガッツいていないのと、自分の趣味をちゃんと持っている人という認識を持つのです。
モテる男の休日は、1番が趣味で2番目以降に女性という方が多く、没頭する物がないモテない男ほど、スマホを片手にLINEの返信待ちをしています。

10個ほどモテる男のLINEのテクニックを紹介しましたが、ヤバイ!と思った方も多いのではありませんか?
女性は小さい頃から小さいコミュニティーを作る技術を身に着けているので、モテる男とモテない男の見分けが簡単に出来ると思ってください。

モテる男のLINEの上手い返し方を伝授【例文あり】

余裕のある男に見せるためのポイント・がっつかない
・自己開示
・フォローアップクエスチョン+5W1H
・レッテル貼り
・マッチング
・自己重要感を満たす

自己開示

自己開示とは、自分のことを話すことです。
話がうまい美容師なんかがよく使ってるやつです。
自己開示をするメリットは、自己開示の返報性と言って、自己開示されたら自分も開示しなきゃといった心理が働くことです。

「この前初めてパリに行ったんだけど、〇〇さんは海外とか行かれます?」
こんな感じで、自己開示と質問をセットですることで、相手は答えやすくなるわけですね。
LINEでもこれを利用すると、うまく相手の情報を引き出すことができます。

「最近仕事残業続きでさ…疲れがとれないんだよね。〇〇ちゃんは残業とか多いの?」
「大変ですね!私のところはそこまで残業多くないですよー…その代わりシフトなので休みが不定期です」
みたいな感じですね。
話のとっかかりを作るときに非常に役に立ちます。

フォローアップクエスチョン+5W1H

自己開示を使って相手の話を引き出した次に必要になってくるのは、話の深堀りですね。
よく「LINEの話題がわからない」という声を聞きますが、大事なのは話題よりも、話を深堀りしていくことです。
会話やLINEが下手な人ほど、話題にフォーカスしすぎるあまりに、会話が浅いまま違う話題に移ってしまいますが、これでは話が盛り上がるわけがありません。
話を深堀りすることで、より深い感情で繋がることができ心を開いてくれるわけです。

話の深堀りの仕方は、フォローアップクエスチョンを使います。
フォローアップクエスチョンとは、相手のメッセージのキーワードを拾って、それに対して質問していくことです。
質問の仕方は5W1Hを使うと、1つの話をいろんな切り口で深堀りすることができます。
「〇〇ちゃん肉好きそうだよね(笑)」←What
「私お肉好きですよー」
「ステーキか焼き肉だったらどっちが好きなんー?」←Which
「焼き肉が好きですー」
「デートのときも焼き肉がいいん?笑」←Why
「あ、デートのときはステーキのほうがいいかも!」
「じゃあ俺がステーキ誘ったらデートってことでよろしくね!笑」
「はーい(笑)」
「早速なんだけど、このステーキ屋さん美味しそうやけどどう?笑」←Where
「早速すぎる!笑 ここ美味しそう!!」
「でしょ! 行くならいつがええかな?」←When
こんな感じで、相手のキーワードを拾いつつ、5W1Hで会話していけばデートなんてすぐ決まっちゃうんですよ(笑)
どーぞ使ってみてください。

レッテル貼り

ちなみに、先程の例で出した「〇〇ちゃん焼き肉好きそうだよね!」はレッテル貼りというテクニックを使ってます。
これよくナンパ師が多用するテクニックでして、相手が自分に対して心を開いていない段階で使うと、会話のきっかけになりやすくなります。
相手から連想できるイメージをそのまま言うだけでいいのですが、これのすごいところは、質問せずに相手から情報を聞き出せることです。
そして、例え間違ったことを言ったとしても相手は訂正して正しい情報をくれます。

レッテル貼りの例1

「〇〇ちゃんって俺より年下だよね?」
「え年上だよw」

レッテル貼りの例2

「〇〇ちゃんってアパレル?」
「えー違うよ(笑) アパレルに見える?」

レッテル貼りの例3

「〇〇ちゃんって人見知りしないでしょ?」
「ほんと、実はすごい人見知りだよ(笑)」

レッテル貼りの例4

「〇〇ちゃんフラペチーノよく飲んでそう(笑)」
「何そのイメージw フラペチーノは大好きだけどさ」
使い慣れてくると、相手が言ってほしいであろうことを言うことができるので、外してもすごいいい反応が返ってきます。

マッチング

マッチングとは、相手に合わせるということです。
これは人は自分に似た人に好意を持ちやすいという「類似性の法則」という心理を活かしたテクニックですね。
女性が絵文字少なめであれば、絵文字は使わない方針のほうがウケはいいですし、絵文字多めであれば絵文字を使ったほうがウケはいいでしょう。
そしてできるだけ同じテイストの絵文字を使ったほうがいいわけです。
絵文字の話ばかりになってしまいましたが(笑)、
他にも、ノリや口調などもできるだけ相手に合わせてみるといいですね。

クローズドクエスチョン

クローズドクエスチョンとは女性が「はい」か「いいえ」(もしくは2択)で答えられる質問のことです。

たとえば、
「◯◯ちゃんって東京出身だっけ?」
「広島旅行、楽しかった?」
「肉と魚ならどっちが好き?」
こういった「はい」か「いいえ」で答えられる質問文のことですね。

逆にオープンクエスチョンもあって、これは、
「普段、休日って何してるの?」
「何で今の仕事やろうと思ったの?」
「彼氏と最近どうなの?」
みたいに女性が答えを考える必要がある質問のことです。

この2つを比較するとクローズドクエスチョンの方が圧倒的に答えやすいです。
「はい」か「いいえ」で答えられるので。

女性と関係を深めていくには、会話を深掘りをして相手のことを知っていかないといけないのでオープンクエスチョンが悪いわけではありません。
ただ、まだ関係が深まってない時点でオープンクエスチョンを送ると既読スルーされる確率が高くなる、ということですね。
まずはクローズドクエスチョンを使って女性が返信しやすいLINEを送ることを意識しましょう。

イエスセット

2つ目は「イエスセット」です。
イエスセットとは「イエス」としか答えられない文章を使って同意を求めることです。

たとえば、
「明日の待ち合わせって11時であってるよね?」
「そういう言い方されたら誰だって怒るよね?」
みたいなイメージです。
なぜイエスセットを使うと既読無視されにくいのかというと、女性は同意すれば済むからです。

「明日の待ち合わせって11時であってるよね?」
「そういう言い方されたら誰だって怒るよね?」
この2つの文章に対しては、
「あってるよー!」
「うん、それは怒るよ!」
みたいに同意して答えればそれで会話は成立しますから
さっきのクローズ質問文と同じで女性が回答を考える必要がありません。
だから、イエスセットを使うことで既読無視される確率を下げることができるんですね。

また、文章が疑問文なので多少返信率が上がるメリットもあります。
※ただ、あまりに乱発すると、同意ばかり求めてくるただのウザいやつになってしまいます。
そこは注意してください。

自己重要感を満たす

女性はオンリーワンを求めてます。
つまり、究極的には「君以外の女性は好きになれない」と言ってほしいんですね。
君しかいないニュアンスで万能に使える返しを2つご紹介します。

ポイント
「〇〇ちゃんみたいな子初めてやわ!」
「〇〇ちゃんて〇〇(相手が言われたいこと)てよく言われない?」
この2つまじで鉄板で使えるので、暗記して使いこなせるようになってください。

ポイント
「〇〇ちゃんて〇〇(相手が言われたいこと)てよく言われない?」の例
「〇〇ちゃんて話しやすいてよく言われない?」
「〇〇ちゃんといると癒やされるってよく言われない?」
「〇〇ちゃんが言うことって確信をついてるってよく言われない?」
「〇〇ちゃんて沢尻エリカみたいてよく言われない?」←キャバ嬢系の強め女性にハマります
よく言われてないことだったらどうするの?と思うかもしれませんが、実際にはよく言われてないほうがむしろいいです。
そっちのほうが特別感が出るので。

モテる男のLINEコミュニケーション術

余裕のある男に見せるためのポイント・がっつかない
・モテる男のLINEコミュニケーション術①よく聞く
・モテる男のLINEコミュニケーション術②よく理解をする
・モテる男のLINEコミュニケーション術③具体的に共感する

ここからはモテる男のLINEコミュニケーション術を紹介します。
このLINE術を使うことで、女性の方から話題を振ってくるようになります。
場合によっては女性からデートに誘ってくることもあるでしょう。

また、この方法はLINEだけではなくリアルで会話をするときにも使えます。
LINE術の考え方を元に話すことで居心地の良い会話になり、女性から「もっと話したい」と思われるようになります。
女性とLINEができるだけではなく、会話力の向上も期待できるので使ってみてください。
じゃあ、どのように女性とコミュニケーションを取ればいいか?

モテる男のコミュニケーションの秘訣は3つです。
よく聞く
理解を示す
共感する
1つずつ解説していきます。

モテる男のLINEコミュニケーション術①よく聞く

「聞く」という表現を使いましたが、LINEのトークは読むものなので違和感があるかもしれませんね。
ですが、文字のやりとりであっても同じです。
大事なのは相手の話に興味を持っている姿勢を見せることです。モテる男は必ずやってます。

では、なぜこれが効果的なのか?
それを証明するために、とある研修での実験をカンタンに紹介しましょう。

相づち実験の内容

この研修では、二人一組で片方にしゃべり続けてもらう実験をしました。
そのときもう片方の人は、「相づちを打つパターン」と「打たないパターン」を実践します。
これを人を変えて何組もの異なる人間でやってもらいました。

その結果、、、
相づちを打った方が話しやすく、逆に相づちがないと話を続けることが困難になるという結果になったのです。
参考論文:対話状況における聞き手の相づちが対人魅力に及ぼす効果

なので、LINEのトークでも、リアクションを取ったほうが興味を持って話を聞いている感が出ます。
LINEだとつい短文でぶっきらぼうな返信になりがちです。カンタンでもいいので、相手のトークに相槌を打ちましょう。
じゃないと会話のキャッチボールにならず、お互い投げっぱなしになってしまいます。しっかりとリアクションを取って、女性の話に興味を持っている姿勢を見せましょう。
ちなみに、こういった細かい気配りなどが真の意味での「マメさ」です。
よくマメな男になろうとして女性にLINEを送りまくる男がいますが、そんなのはマメとは言いません。

では、女性が求めるマメとは何か?その詳細は以下の記事で解説しているので、モテるマメを身に付けて女性からの印象をグンと上げていきましょう。

モテる男のLINEコミュニケーション術②よく理解をする

2つ目は女性の話を「よく理解する」です。
このとき大事なのが、話を理解していると女性に伝えることです。

例を出すと、
夜勤だから二人しかいないのに、バイト先で先輩が倒れてやばくてさー
草食くん
まじか!
こういうリアクションもいいのですが、以下のように返すとさらにいいです。
女性
夜勤だから二人しかいないのに、バイト先で先輩が倒れてやばくてさー
肉食くん
うわー、仕事一人で回さなきゃじゃん!大変だね
こうすることで女性は自分の話を理解してくれてると思い、安心して次の話を続けられます。
ただ女性の話を聞いて、返事を返すだけでは話を理解できているとは言えません。
女性が「この人はわかってくれている」と感じる返し方をするということですね。

モテる男のLINEコミュニケーション術③具体的に共感する

理解するのに加えて、女性の話に具体的に共感していきます。

これも具体例を出すとわかりやすいのですが、
女性
今日ストラップ落としちゃってさ
草食くん
あら、残念
こんな会話をしようものなら話す気が一瞬で吹き飛びます。
興味なさそうな雰囲気が出すぎだからです。

では、これはどうでしょうか?
女性
今日ストラップ落としちゃってさ
草食くん
うわー、最悪だね
これで及第点。

さらに、
女性
今日ストラップ落としちゃってさ
肉食くん
もうさ、出かけるときとかにモノなくしたりするとマジで一日萎えるよね
女性
本当だよ! 朝からすごくショックでさあ・・・
ここまで具体的に共感すると女性は気持ちよく話を続けてくれます。
ただ、「その共感が難しいんだよ!」という人もいるかと思います。
たしかに男性は女性に比べて共感が苦手な生き物です。

これについて「気になる女を落とすLINEテクニック」を参考にしてみてください。
様々なLINEテクニックやトーク集、活用の方法を公開しています。
一部を抜粋します。

====抜粋====
たまに「相手と同じ経験をしたことがないから共感できない」という意見をもらいますが、それは違います。
出来事ではなく、感情にフォーカスすることが大事なわけで。
たとえば、会社の同僚からバカにされたという経験がなかったとしても、惨めな経験をしたことはあるはずです。

たとえば、授業中は積極的に発表し、テストでも頑張って90点をとったのに、成績表ではなぜか「3」で悔しい思いをした・・・。
みたいな話をしてもいいと思います。
====抜粋====

相手と全く同じ経験をしたことがある人はほとんどいないでしょう。
ただ、同じような感情を抱いた経験ならどこかであるはずです。
なので、自分の似たようなエピソードなどを使って女性の感情にフォーカスしていきましょう。

なお、この共感については、「気になる女を落とすLINEテクニック」で詳しく解説しています。
ヘタするとLINEができるどころか女性をあなたに依存させることすらできるので取り扱い注意ではありますが・・・。
少なくとも女性とのLINEくらいなら難なくできるようになります。
「共感なんていくらでもできるぜ!」という人以外は読んで損はないので読んでみてください。
以上が、3つLINEコミュニケーション術の内容です。

これを使えば、一気に女性との仲が深まっていきます。
ただし、1つだけ注意点があります。

【補足】ただし、聞けばいいってもんじゃない

LINEでは、今書いた手法を使って女性の話を聞いていくことが重要です。
ですが、女性の話を聞こうとするあまり矢継ぎ早に質問してはいけません。

相手の答えに対して、
「聞く⇒理解する⇒共感する」
次の質問をするなら、ここまでやってからです。これを必ず実践してください。

でないと、女性は次から次へと質問されて取り調べを受けているような気分になってしまいます。
また、共感する際は自分のエピソードや話をして大丈夫です。
女性に共感するための話であれば、自分の話だったとしても相手は気持ち良く聞けます。

たとえば、
女性
試験落ちちゃったの・・・一生懸命勉強したのに・・・
肉食くん
ええ! あんなに頑張ってたのにね・・・。
俺も去年国家資格落ちたから、ショックな気持ちマジわかるわ・・・

どうでしょうか?
これなら、かなり「理解してくれてる感」が出てますよね。
こんな感じで、会話量のバランスに気をつけながら質問を連発しないようにしましょう。
発言の割り合いは自分と相手の比率が3:7ぐらいがちょうど良いと言われています。
(もちろん、自分が3ですよ)
この割り合いを参考にしてみてください。

雑談力を身に付けてLINEを盛り上げる

雑談
ここまでLINEを使って、女性から話を振ってくる方法について話をしました。
そして、ここにあるものを追加すると、LINEコミュニケーション術の効果が10倍以上になります。

では、そのあるものとは何か?
それは「雑談力」です。
早い話が、「どれだけ女性とうまく雑談できるか?」という話ですね。
ただ、男性の中には雑談が苦手という人もいます。
というのも、男性は会話に意味を求めます。答えを求め、結論を求め、オチを求めます。

ですが、女性は会話に意味を求めません。答えも意味もオチも求めていません。そして、このような会話が雑談なんですね。
理系出身者や高学歴男子に顕著ですが、このような意味のない会話ができない男性はかなり多いです。
普段から論理的なことばかり考えているので、脈絡もなければ目的もない雑談に対応できないんですね。

では、雑談が苦手な男性が、雑談力を上げるにはどうしたらいいか?
以下の3つのポイントに絞って対処法を解説していきます。
話に意味を求めない
答えや意見を言う必要はない
どんどん話を展開させる
では、これも1つずつ解説していきますね。

余裕のある男に見せるためのポイント・がっつかない
・雑談LINEのポイント①話に意味を求めない
・雑談LINEのポイント②答えや意見を言う必要はない
・雑談LINEのポイント③どんどん話を展開させる

雑談LINEのポイント①話に意味を求めない

会話に意味を求めないようにしましょう。
毎回、意味を求めていると、それだけ女性との会話は盛り上がらなくなります。
雑談は空気をあたためるためのムダな会話ですので。

具体的な例としては、
肉食くん
いやあ、暑いね
から始まり、
肉食くん
そういえば、あのコンビニ、新しいガリガリ君出てたよ
みたいに話を広げてもいいわけです。

これって会話に意味を求める人からすると、「だから何?」って感じだと思うんですよ(苦笑)
でも、それこそが雑談できない人の発想です。
別にそこに意味なんてないんですよ。「へぇ〜、また新しいの出たんだねぇ」みたいな返しで十分です。
そこに論理性や意味を求めること自体が間違っているんです。
話し終えた後に振り返って「いや〜、何の収穫もない話だったなぁ笑」くらいの感覚でOKです。

雑談LINEのポイント②答えや意見を言う必要はない

雑談の目的は場の空気をあたためることです。
その会話において、答えや意見を言う必要はありません。

たとえば、以下のLINE画像を見てください。
これって女性の発言を真っ向から叩き潰してしまっています。
せっかくの雑談がこれでは台無しです。場合によってはケンカになってしまうでしょう。

では、どのような返しをすればいいのか?
自分の意見や価値観は主張せず、中立的な立ち位置を取ってください。
今の例で言うなら、
こんな感じがいいでしょう。
自分の意見を出して議論をするのではなく、女性の話に合わせた返答をしていきましょう。

※ただし、相手に合わせるだけの都合の良い男も嫌われるので、無理してマズいものを美味しいと言う必要もありません。

雑談LINEのポイント③どんどん話を展開させる

女性とのやり取りが続いたら、テンポ良く話を広げていきましょう。たとえば、
と、このように話を展開していきましょう。(これはあくまでも一例です。他に展開のさせ方は いくらでもあります)
ちなみに、次の話がうまく出てこないときは、会話を連想ゲームと考えるのがオススメです。
たとえば、「ラーメン ⇒ 塩味 ⇒ ポテチ ⇒ カロリー ⇒ 太る ⇒ ダイエット ⇒ 運動 ⇒ 好きなスポーツ ⇒ 学生時代の部活 ⇒ 学生時代に付き合っていた恋人・・・」みたいな感じですね。
このように連想していけばいくらでも会話を続けられます。
うまく話題が出てこない人は、日頃から頭の中で連想ゲームをしておくといいでしょう。
それだけで、一気に雑談力が上がっていきます。

質問するときのポイント

質問の重要性も分かっていただけたかと思います。
しかし、ただ質問するだけではダメです。
質問をする際に意識してほしいポイントがあります。
これから、そこの解説をしたいと思います。

余裕のある男に見せるためのポイント・がっつかない
・質問する前に相手の言葉を繰り返す
・YES・NOで答えらない質問をする
・質問を組み立てる時は5W1Hを意識する

質問する前に相手の言葉を繰り返す

自分が質問をした後に、相手はその質問に答えます。
その答えたことにまずは、しっかり反応してあげることが大切です。

反応というのはとくに難しいことではありません。
相手の言葉を繰り返すだけで大丈夫です!
そのあとに、質問というパターンです。

相手の返事に反応(相手の言葉を繰り返すだけでOK)

そのあとに、また新たな質問をする
すぐに質問をぶっこむのは危険です。
相手が「自分の話に興味がないのかな?」と思ってしまいます。
質問しかしてないのは、ただの質問botです。
相手の返した言葉の”喜び”や”悲しみ”などの感情に自分自身が共感する
反応を言葉にしてあげることが求められます。

文章だけの説明ではわかりにくいと思うので、
LINEの例文で良い例と悪い例を解説します。

まずは悪い例から見てみましょう。
この男の人はどこが悪いのかわかりますか?
先ほど述べた通り、女性の返した言葉にまったく反応していないのが問題点です。
質問をするのは良いのですが、まずは相手の言葉に反応してあげる必要があります。
リアクションが薄いと「私のことには興味がないんだろうな」と思われます。

次に良い例を見てみましょう。
悪い例との違いがよくわかりますか?
良い例の方は相手の答えた言葉にしっかり反応しています。
ただ、同じ言葉を繰り返しているだけですが相手に与える印象はかなり違います。
しっかり《相手の答えに反応→また質問》というパターンができたいます。
それに、相手が顔文字を使っているのをみて男性も顔文字を使っています。
これは大きなプラスポイントです。

相手がよく顔文字を使う人なら顔文字を、スタンプをよく使う人にはスタンプを、
というように相手の文章スタイルに合わせた返答をすることは非常に効果的です!
これもLINEの返信テクニックなので、しっかり覚えておくことをオススメします。

私は相手が語尾に”w”を付けると私も語尾に”w”を付けます。
また別の相手の語尾が”笑”だった場合、私も”笑”を語尾に付けます。
このように細かいことでも、相手に合わせることがとても大事です。
これは「ミラーリング」という手法で、相手の仕草、言葉遣いなど
自分が真似て好感度を高める心理テクニックです。

お互いが似ていると感じると好感度は高まることが分かっています。
ぜひ恋愛に「ミラーリング」を駆使しましょう!

YES・NOで答えらない質問をする

質問をする際にYES・NOで答えられる質問をしてはいけません。
例えば、「今日、朝ごはん食べた?」と質問すると、
「うん、食べた。」で終わってしまいます。
それだと質問をもう一度考えださないといけないので、会話を続けるのには苦労します。
なので、YES・NOで答えられる質問は自分を苦しめることになるので極力避けましょう。
避けるって言っても、どのように
質問すればいいのか分からないんだけど・・・

このような疑問を持つ方も多いかと思います。
でも安心してください!
あることを意識すれば簡単に質問を組み立てることができます。

質問を組み立てる時は5W1Hを意識する

質問を組み立てる時に5W1Hを意識してあげると
YES・NOで返事が来ることがなくなります。
中学の頃の英語で習った5つのW(what,who,when,where,why)と
1つのH(how)を5W1Hと呼んでいましたね。

これをLINEで質問する時に意識してみてください!
例えば、先ほどの「今日、朝ごはん食べた?」
という質問を5W1Hを意識して質問を組み立ててみてください。
Who →「今日、誰と朝ごはん食べた?」
When →「今日、いつ朝ごはん食べた?」
Where →「今日、どこで朝ごはん食べた?」
What →「今日、何の朝ごはん食べた?」
Why →「今日、なぜ朝ごはん食べた?」
How →「今日、どのように朝ごはん食べた?」

このように文章に応じて、5W1H のどれかを使えば
YES・NOで返事が返ってくることがないので、
質問を考えるのに困ることなく楽にやり取りができます。

5W1H でどんどん話を深掘りしていけるので
話のネタ困ることも少なくなるので、上手く利用してみてください!

女性をドキッとさせるLINEテクニック① 相手の内面を褒める

男性は気になる女性を口説くとき、対面でもLINEでも「かわいいよね」「スタイル良いよね」と外見を褒めがちです。
でも、本当に響くのは内面への褒め言葉。
外見褒めは女性に「下心があるのでは」と警戒心を抱かせてしまいます。カリフォルニア州立大学の研究では、見た目を褒める単語が多いメッセージに対しては返信率が24%も低下するというデータが。

一方、「やさしいですよね」「自分の軸がある人だよね」など、人柄を褒める言葉が多い場合、38%も返信率が高くなりました。

女性をドキッとさせるLINEテクニック② ポジティブな意味のネットスラングを使う

「(笑)」「ww」といったポジティブな印象を伝えるネットスラング、LINEのスタンプなどを使うと返信率が1.45倍高まります。

「まだ東京慣れてなくて、よく新宿とか池袋の駅で迷っちゃうんだよね(笑)」
「めっちゃ、おもしろいねww」
これは感情が相手にストレートに伝わるので、共感してもらいやすいからです。
逆に、照れ隠しのつもりの「デート行かない?(笑)」や「わからないなw」みたいな使い方は、相手を混乱させ、「バカにされている?」と思われてしまうので要注意。
また、「草」「メシウマ」など、品のないスラングも使わないほうがいいでしょう。

おすすめの話題

心理学の研究では「会話スターター」と言って、どんな話題を話すと初対面でも盛り上がりやすく、共通点が見つかりやすいかわかっています。今回はそのなかから、特にオススメの3つの話題を紹介します。

余裕のある男に見せるためのポイント・おすすめの話題① 趣味の話
・おすすめの話題② 食べ物の話
・おすすめの話題③ 興味があること

おすすめの話題① 趣味の話

「休みの日はどんなふうに過ごしていますか?」
「最近、ハマっていることとか、ある?」
「趣味ってありますか?」
相手の趣味を聞く質問をしましょう。逆に自分が趣味を自分が聞かれたら、相手がさらに質問しやすいポイントを付けて返信するように心がけましょう。

「映画を観るのが好き」「旅行が好きです」だけでなく、
◆ 「映画を観るのが好きで、特に洋画の大作系をでっかいスクリーンで観るのが大好き。ハリーポッターシリーズとか、めっちゃハマりました」
◆ 「旅行が好きで、ハワイはまた絶対に行きたいと思っている!」
と具体例を交えると相手も反応しやすくなります。
相手も同じ趣味を持っていることがわかれば、同じ熱量でメッセージのラリーが続くはず。
ただし、自分の趣味語りになってしまっているなら、早めに気づいて切り上げましょう。そのまま熱く語りすぎると、返信率が下がっていきます。

おすすめの話題② 食べ物の話

誰もが毎日、ごはんを食べています。ですから、食べ物の話題は鉄板中の鉄板。
好きな食べ物、苦手な食べ物、旅行先で食べた謎のごはん、夜食テロになってしまうおいしいジャンクフードの話題など、「俺もそれ好き!」「私もそれちょっと苦手です(笑)」と共通点が見つかるはず。
また、話が盛り上がれば、「じゃあ今度それ食べに行こうよ!」と自然な流れでデートに誘えることも。

おすすめの話題③ 興味があること

相手の人柄を知ることができる話題の筆頭が、興味についての質問です。

「今、興味を持っていることってなんですか?」
「昔から興味を持っていることはありますか?」
「最近、気になっていることってある?」
「挑戦したいなって考えていることは?」
そんなふうに興味について聞いてみると、話題が広がる意外な答えが返ってくるかもしれません。
興味を深堀りすることで、自然とラリーが続いていきます。

女性がLINEでうまい!と感じたLINEメッセージ9選

line-love-best

余裕のある男に見せるためのポイント・「じゃあ、一緒に●●しようよ!」
「診断結果では付き合ったほうがいいみたい」
「シーとランドどっちに行きたい?」
「今度おごるからあわない?」
「時間は気にしなくていい・・可愛くしておいで」
「自分の事を決めれない人は好きじゃない。」
「俺はお前と行くならどこでもええよ。」
「さっきのは俺は本気だよ!」
「お前もかわいいでしょ!」

それでは、ここでは実際に50人にアンケートをとった女性がうまいと感じたLINEメッセージの中でも代表的なものを9つに絞って紹介していきます。

先ほどの
・予定調和を壊す事
・相手の女性をノセる事
の基本を意識しながら参考にしてみてください。

ちなみに、1つ1つしっかりアンケートとってるので結構長くなってるので詳しくエピソードを見たい場合は「詳しいエピソードを見る」の「+」をクリック(タップ)してください。
それでは、いってみましょう!!

「じゃあ、一緒に●●しようよ!」

「今日暑かったね。冷たいもの食べたくならない?」
から質問をいくつか重ねた後に・・・
「あ、僕もそれ良いなと思ってたんだ。」「じゃあ、一緒に冷たいもの食べに行こうよ」
と誘ってくる。

実際の体験談を詳しく知りたい場合はコチラ
友達の男性とマメにラインをしています。
その男性は、必ず質問から入ります。しかも、何気ない質問です。例えば「今日暑かったね。冷たいもの食べたくならない?」などです。
すると、こちらも答えるようなラインの返事を返しますよね。

上手い具合にいくつか質問を重ねた後に、「あ、僕もそれ良いなと思ってたんだ。」と同感してきます。
そして、最後に「じゃあ、一緒に冷たいもの食べに行こうよ」と誘ってくるのです。

最初から誘うのではなくて、まずは好みを聞いてリサーチしてから誘う体制に入ってくるのです。
毎回そうなので、慣れているのかな?と言った感じです。

何だか乗せられているような感覚がして、上手いなと思った瞬間でした。

「診断結果では付き合ったほうがいいみたい」

「ねぇねぇ、どのラインスタンプが好き?」
「これが良い。」
「コレ、心理テストなんだ。」
「ねぇ?結果はどうなの?教えて」
「俺のこと好きでしょ?」
「どうしたの?急に?」と私。
「今の診断で解っちゃったかも。」と彼。

実際の体験談を詳しく知りたい場合はコチラ
気になる男性から、
「ねぇねぇ、どのラインスタンプが好き?」
と、いくつかラインのスタンプが送られてきました。女子が喜びそうな可愛いスタンプでした。「これが良い。」と好みを選んで返信したら、その選んだラインスタンプで恋愛傾向などが分かる心理テストだったという内容の返事がきました。
そうなると気になって仕方ないですよね?

結果に関してのラインは直ぐには返事が無く、30分くらいたった頃だったでしょうか。

「ねぇ?結果はどうなの?教えて」と、しびれを切らして私がラインしたところ「俺のこと好きでしょ?」という返事が!

「どうしたの?急に?」と私。
「今の診断で解っちゃったかも。」と彼。

結局、ドキドキして心を揺さぶられてしまい、ついには「相性も良いみたいだから付き合った方が良いみたいという結果だよ」と、ラインスタンプ診断みたいにされて結局付き合うことになりました。

上手いなと思った一言です。

「シーとランドどっちに行きたい?」

「シーとランドどっちに行きたい?」
「シーに行きたい!」
「何時に迎えに行けばいい?」
「10時くらいでいいかな・・」

実際の体験談を詳しく知りたい場合はコチラ
「シーとランドどっちに行きたい?」
以前、友達以上恋人未満の男性にラインで誘われた質問です。

そもそも、次に二人で会う約束もしてなかったのですが、選択肢がシーとランドの2つだけですよね。
「私は行かない」という回答が出来ない感じです。

その後も「何時に迎えに行けばいい?」などとすでに行くのが前提です。

ディズニーランドの男性から誘いやすい点は他の遊園地と違って乗り物が例え絶叫系が乗れなくても、怖くないアトラクションもあり、「見て」楽しめるところ。

しかも、お土産など買い物も出来るので女の子は絶対喜びます。

これが嫌いな女子はいないに等しいのではないでしょうか。
上手いなと思ったお誘いの一言でした。

「今度おごるからあわない?」

「今度おごるからあわない?」とランチを食べているかわいいスタンプを送ってきた。

実際の体験談を詳しく知りたい場合はコチラ
私はあまり自分の家庭があるので元彼とは連絡は取りたくはありませんが、たまに忘れた頃に連絡が来たりするので内容が大した事がなければ無視している事があります。
私はしつこくされたくないタイプというのは・・・
元彼も十分分かっているので私が無視している事には気づいていると思います。

なのできっと
「今度おごるから会わない?」
と可愛いランチを食べているスタンプを付けて元彼なりに工夫をして私にラインをして来た事がありました。

元彼は普段からあまりスタンプなんて使わない人なので元彼らしくない可愛いスタンプを使って来たこと自体がビックリですが、誘い出すためにラインを利用してうまいこと考えたな。と私は思ってしまいました。

「時間は気にしなくていい・・可愛くしておいで」

「ごめんなさい・寝坊しちゃって遅れちゃいます。」
「もしかして、昨夜ワクワクして眠れなかったの?(笑)」
「時間は気にしなくていいよ。可愛くしておいで。」

実際の体験談を詳しく知りたい場合はコチラ
私がかつて20代だった頃、少し年上の憧れの男性とデートをする機会がありました。
非常にモテる男性で、私が好意を抱いているのは彼自身も気づいていて、振り向いてくれるかどうかの微妙なセンでした。それまでにも共通の知人を交えて何度か会ったことはありましたが、2人きりで出かけるのは初めてという日。こともあろうに、前夜に緊張しすぎたのか寝坊してしまい、家を出なければならないような時間に起きてしまったのです。私はすぐさまLINEでその男性に連絡し、正直に謝りました。
するとすぐに返信が来て、”もしかして昨夜ワクワクして眠れなかったの?(笑)俺はいくらでも時間潰せるから気にしなくていいよ、その代わりうんと可愛くしておいで”という余裕たっぷりのセリフに私はすっかりノックアウトされてしまいました。

「自分の事を決めれない人は好きじゃない。」

「髪の毛を切ろうか迷ってるんだけど、どう思う?」
「自分の事を自分で決めれない人は好きじゃない」

実際の体験談を詳しく知りたい場合はコチラ
少し前にお付き合いした彼との話です。
付き合う前は彼に孟アタックされていました。

顔がタイプだったのですが、その時私には別の彼氏がいたので無理だと言っていました。
しかしその彼氏と突然遠距離恋愛になったときに、寂しさもあり孟アタックしてくれた彼に頼りたくなりました。

なんとなく惹かれ始め、3か月後には私も彼が好きになり付き合っていた彼氏とお別れし、すぐに付き合い始めました。
最初の1ヶ月後はすごく順調で、探り探りお互いを知っていく感じでした。
しかし2ヶ月くらいたったとき、ふと髪の毛を切りたくなり彼に「髪の毛を切ろうか迷ってるんだけど、どう思う?」と何気なしにラインすると「自分の事を自分で決めれない人は好きじゃない」といきなり突き放されました。

その時に「この人に嫌われたくない。」と思いそれからは私がずっと下手に出る状態になりました。
後で分かったのですが、彼の戦略だったみたいです。
押して押して急に引かれる事で、人間は不安になり離れたくないと思うのかも知れません。
当時はパニックでしたが今思えば、うまいセリフだったなと思います。

「俺はお前と行くならどこでもええよ。」

「髪の毛を切ろうか迷ってるんだけど、どう思う?」
「自分の事を自分で決めれない人は好きじゃない」
実際の体験談を詳しく知りたい場合はコチラ
少し前にお付き合いした彼との話です。
付き合う前は彼に孟アタックされていました。

顔がタイプだったのですが、その時私には別の彼氏がいたので無理だと言っていました。
しかしその彼氏と突然遠距離恋愛になったときに、寂しさもあり孟アタックしてくれた彼に頼りたくなりました。
なんとなく惹かれ始め、3か月後には私も彼が好きになり付き合っていた彼氏とお別れし、すぐに付き合い始めました。
最初の1ヶ月後はすごく順調で、探り探りお互いを知っていく感じでした。
しかし2ヶ月くらいたったとき、ふと髪の毛を切りたくなり彼に「髪の毛を切ろうか迷ってるんだけど、どう思う?」と何気なしにラインすると「自分の事を自分で決めれない人は好きじゃない」といきなり突き放されました。
その時に「この人に嫌われたくない。」と思いそれからは私がずっと下手に出る状態になりました。
後で分かったのですが、彼の戦略だったみたいです。
押して押して急に引かれる事で、人間は不安になり離れたくないと思うのかも知れません。
当時はパニックでしたが今思えば、うまいセリフだったなと思います。

「さっきのは俺は本気だよ!」

飲み会で好きなタイプの異性の話になって、冗談で私の名前をあげられた。ノリツッコミを普段からしてたので「知ってるぅ~!」とふざけて返した。
その後に帰宅すると「さっきの俺は本気だよ!」というメッセージが。
実際の体験談を詳しく知りたい場合はコチラ
同じ職場にいた歳下だけど、先輩だった人がいました。
職場のスタッフの関係性も和やかで仲が良かったのでしょっちゅう砕けた話をしていたのですが、その人を含め数人で話をしていた時に好きなタイプの異性は?という話になりました。
それぞれが、優しい人や芸能人の名前をあげる中その人がおちゃらけた感じで私の名前をあげました。
日頃からふざけた会話でノリツッコミのようなこともよくしていたので、私も知ってる〜!
とふざけて返し、笑って終わったのですが仕事も終わり帰宅するとLINEがその人から入り、さっきの俺は本気だよ!と入りました。
結果、その会話の流れで告白されましたが、その一言で一瞬にして心動かされました。

「お前もかわいいでしょ!」

「そのスタンプよく使うね。」
「このスタンプかわいいでしょ」
「お前もかわいいでしょ」

「の体験談を詳しく知りたい場合はコチラ
彼氏が友達と遊んでいた時、全然連絡をくれませんでした。そういうことがよくあるので、私は拗ねてしまうことが多いです。
やっと連絡がきたときに、その返事に可愛いスタンプを送ったら、
「それよく使うね」
と言われ、私は
「このスタンプかわいいでしょ」
と言いました。

そしたら彼が、
「お前もかわいいでしょ」
と言ってきました。
普段そういう言葉を言うときは、ふざけながら「笑」を付けてくることが多いのですが、この時は付けずに送ってきたので、キュンとしてしまいました。

珍しいことを言ってきたので、
「どうしたの?笑」
と言ったら、
「連絡あんまりできなかったから」
と言われ、機嫌をとろうとしたのかな?
と思いつつも、嬉しくてにやけてしまいました。それで私の機嫌は直ったので、うまいなぁと思いました。

さて、いくつか見てもらいましたが全ての事例に予定調和を崩されているのがわかるはずです。
そして、よくよく考えてみたら・・後々気づいたら・・
のせられていたような気がしている。
んですね。

これはある程度自然にできるようになっておいたほうがいいです。
なぜなら、こういった予定調和を壊すやり方は女性の心理的な警戒心を軽減してあげる効果があるからです。
直接的な誘い方やアプローチの仕方をすると女性は警戒してしまいます。
だから、予定調和を崩すような間接的なアプローチに女性は気遣いややさしさを感じる部分があるんですね。

例えば、
「ホテル行こうぜ!」
と誘われていくと、自分もすごいHしたかった!
という事実を作ってしまいますよね。

そして、それは後にヤリマンと周囲に評価される可能性があるのです。
だから、「仕方なく行った」という言い訳ができるように、間接的に誘ってあげるほうが女性にとっては優しさを感じるわけです。
それと一緒です。
だからいかに間接的に予定調和を壊すのか?
を考えた方がうまいと思われるLINEメッセージを送ることができるようになるのです。

あなたがうまいと思われるLINEを送れるようになる方法

とは言っても、そもそも人それぞれ「うまい!」と思うかどうかは変わってきます。

例えば、
「ディズニー行くならシーとランドどっちがいい?」
という質問で断るという選択肢がない誘い方ありますよね。
これは、心理学のダブルバインドというテクニックで、既にデートに行く事自体は前提としてあって「どっちに行く」という提案の仕方をする事でNOの選択肢がない誘い方です。
で、これはパワハラとかモラハラとかする人も使ってるんですが・・
パワハラやモラハラの対処がうまい人は、当然ですがこのダブルバインドは通用しないのです。

「ディズニー行くならシーとランドどっちがいい?」
「うーん!シーのほうが好きだね!」
「じゃあ、来週と今週どっちが空いてる?」
「へ?まだあなたと行くなんて言ってないし(汗)」

というようになってしまいます。
=予定調和は壊せてないのです。
どちらかと言えば経験があるから予定内なんですね。
もちろん、この後の対応の仕方では予定調和を壊すのは全然可能ですけどね。(こういう気づく人は、最終的にストレートに「そりゃ言ってないさ!わかっとるわ!でも俺はお前と行きたいんだ!」というように伝えたほうが予定調和を壊しやすいです。)

つまり、予定調和を壊すうまいと思われるようなLINEを送るためには・・・
相手の中の予定調和のラインを知らないと予定調和を崩すことができないのです。
経験が多い女性や対応がうまい女性とかは、ありとあらゆる予測ができてるので壊すのが結構難しかったりするんですね。
「じゃあどうすればいいんだぁ!」
と思われるかもしれませんが、まずはこちらから予定調和を壊してみて反応を見ないとわからないし、そんな経験豊富な女性はいないのでとにかくやってみる!ところからスタートすればいいかなと思います。
別に大きなリスクはないですしね。

そこでいくつか、先ほど紹介した女性がうまいと思ったLINEをするために使える心理学テクニックをいくつか紹介します。
まずは使ってみないと何もわからないので是非活用してくださいね。

 LINEの上手い返信が思いつかないときは……

LOVE×TECHでは、LINEの上手い返信が思いつかない方のために「気になる女を落とすLINEテクニック」をご用意しました。
ここには、私がこれまで女性を落とす際に使ってきた具体的なLINEテクニックが全て詰まっています。
また、作成にあたり私の教え子のうち10人のメンバーが協力してくれたので、再現性の高いテクニックが詰まっています。
・相手との関係性に応じたLINEの送り方
・実際に使いまわせるLINEのテンプレート集
などを人間心理学とあわせて解説しています。
人間心理学を基にしているので、自分なりに内容をアレンジすることも可能です。
LINEでのサポートも行っているので、気になるかたはチェックしてみてください。

https://mensmote-life.com/asp-payment-box/?product_id=20

コメント

タイトルとURLをコピーしました